外科

業務内容

科の特色
  • 一人一人の患者様の状態に合わせた外科手術に取り組んでいます。特に高齢者に優しい外科手術を心がけています。
  • 術前・術後の外来通院、入院治療、手術、とチーム医療に基づいた一貫した治療、サポートを行っています。
  • 手術は良性疾患から悪性疾患まで幅広く行っています
    (手術の対象疾患とその術式当科の年間手術件数の推移)
  • 科学的根拠(エビデンス)に基づいた標準的な化学療法を行っています(術後、再発・非手術時)
    対象疾患とその治療内容
  • 手術の対象外となった場合、全人的理解に基づいて、終末期医療(がん告知をめぐる本人家族の諸問題への配慮・疼痛管理・ベストサポーティブケア)を行っています。
  • 新しい創傷処置の理論に基づき、消毒薬を使用しない創傷処置を行っています。
主な検査・処置など
  • 超音波検査(腹部、乳腺、甲状腺、体表など)、超音波ガイド針生検(CNB)・超音波ガイド下吸引細胞診(FNAC)、造影超音波検査(ソナゾイド)
  • 上部消化管内視鏡検査(FGS)、下部消化管内視鏡検査(FCS)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)、内視鏡的ポリープ摘出術、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的胆管砕石術、内視鏡的ステント留置術(プラスチックステント、メタリックステント)、内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
  • 経皮経肝胆管ドレナージ術(PTCD)、経皮経肝胆嚢ドレナージ術(PTGBD)、経皮経肝的ステント留置術(プラスチックステント、メタリックステント)
  • 腹部血管造影検査、肝動脈化学塞栓療法(TAE、TACE)など
学会認定・関連施設など
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設における関連施設
  • 内痔核治療法研究会ALTA(ジオン)実施施設

スタッフ紹介

役職 医師名 専門 認定資格
統括管理監
兼)放射線情報
  管理室長
関口 忠司 消化器・一般外科 ・日本外科学会認定医
・日本外科学会専門医
・日本外科学会指導医
・日本消化器外科学会認定医
・日本消化器外科学会指導医
・消化器がん外科治療認定医
・日本医師会認定産業医
・検診マンモグラフィ読影認定医
外科科長
兼)栄養管理科長
直井 大志 消化器・一般外科
医師 利府 数馬 消化器・一般外科
医師 塩澤 徹也 消化器・一般外科
このページの先頭へ
BUSINESS TEC Co.,Ltd.