1. トップページ > 那須南病院 > 病院長あいさつ

病院長あいさつ

病院長 宮澤 保春

sample

 那須南病院は栃木県東部にあります。当地域から中核病院のある宇都宮市、大田原市、真岡市まではそれぞれ約30kmの距離があるため、当院開院前は、急病や外傷など救急患者の皆さまにはたいへんなご苦労がありました。そのようななか、平成2年に地域の皆さまの強いご要望により当院が誕生しました。以来四半世紀1年365日24時間体制の救急医療を中心に、人工透析、療養病棟など地域の皆さまのご要望にお応えするよう発展して参りました。救急車の受け入れ件数は年間1272件(平成25年度実績)にのぼります。
 現在、一般病床100床、療養型病床50床の計150床を、内科・外科・整形外科・小児科・眼科の5科、常勤医14名にて運用しており、加えて耳鼻科、皮膚科、泌尿器科を非常勤医にて常設し、診療にあたっています。
 いま地域医療連携の重要性が指摘されています。当院としては、これからも地域の医療機関との連携を強化して当地域で求められる二次救急病院であり続けるとともに、他地域の高度専門医療機関と連携して当地域の住民の方々の地理的不利がないよう医療を展開して参ります。
当院の開院以来、地域の多くの方々から「那須南病院はこの地域になくてはならない病院だね。」という声をいただいております。また、日頃より病院行事や美化活動でのボランティアの方々のご協力をいただき感謝致しております。今後も当地域の医療のセンターとして住民の皆さまと歩んで参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

このページの先頭へ
BUSINESS TEC Co.,Ltd.